創立100周年記念募金

“次の100年への
新たな挑戦に向けて”
おかげさまで、昭和女子大学は
2020年に創立100周年を迎えました。
今後の100年への新たな挑戦に向け、
奨学金基金、教育環境整備をすすめるべく、
この度記念募金を実施いたします。
皆様のあたたかいご支援のほど、
よろしくお願い申し上げます。

寄付金の使途

皆様からご支援いただいた寄付金は、以下の3つの事業に活用いたします。

1. 奨学金基金の充実

必威体育app,必威体育官网感染症拡大に伴い、本学でも学生のオンライン授業を受ける環境を整えるために、1人当たり2万円を支給し(申請制)、また経済的な困窮に陥る学生のための奨学金を充実させるなどの方策を実行しています。今後も今回のコロナ禍に限らず経済的な影響を受ける学生も増えるのではないかと推測され、奨学金基金の充実は益々必要になります。ゆとりを持って勉学に励めるよう、できる限りの支援に努めていきます。また、世界をめざす文化?スポーツの支援も拡張してまいります。

2. 人見記念講堂の大規模改修

人見記念講堂は、昭和女子大学の建学の精神を具現化する施設として建設されました。音響効果のすばらしさには定評があり、指揮者の小澤征爾氏をはじめ国内外の名演奏家が公演を行っています。建設から約40年、耐震強化、バリアフリーおよび情報化推進等に対応した大規模改修工事を行い、文化の殿堂として新しいホールに生まれ変わります。

3. キャンパスの整備

本学の持つリソースと学生、起業家を結びつける発信地となる、コワーキングスペース「メディアラボ」を新たに設置します。本学の所在地である三軒茶屋は渋谷からのアクセスも良く、ITやSNS関連のスタートアップ企業にとっても魅力的な立地です。また正門通りを始めとするキャンパス整備を進めてまいります。

税制上の優遇措置

受配者指定寄附金

寄附金の全額が損金算入できます。

特定公益増進法人に
対する寄附金

一般の寄附金の損金算入限度額(※)と別枠で損金算入することができます。
(※)一般の寄附金に係る損金算入限度額
{(所得金額×2.5%)+(資本金等の金額×0.25%)}÷4

募集要項

名称
昭和女子大学 創立100周年記念基金
目的
次の100年に挑戦するための奨学金と教育環境整備のため
目標金額
5億円
寄付の金額
任意の金額をありがたくお受けいたします。
寄付者の顕彰
1.
50万円以上ご寄付いただいた法人?団体名を寄付者銘板に掲示させていただきます。匿名も可能です。
2.
ご寄付いただいた法人?団体名をホームページに掲載させていただきます。匿名も可能です。
3.
100万円以上のご寄付者を総長感謝の会にご招待させていただきます。
寄付の称号
10万円以上
スカイブルー
50万円以上
ブロンズ
100万円以上
シルバー
1,000万円以上
ゴールド
5,000万円以上
プラチナ
個人情報の取扱
ご寄付いただいた方の個人情報は本学が行う寄付事業業務以外には利用いたしません。

寄付のお申し込み方法

ご寄付のお申込み、その他ご質問などにつきましては、まずは下記へご連絡いただきますようお願いいたします。
寄付担当よりご案内させていただきます。
住所
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
担当
創立100周年記念募金事務局
FOLLOW US!
昭和女子大学の日々を発信中!
昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.
© Copyright 2003-2018 Showa Women's University All rights reserved.